ぐんまマラソンは持続可能な開発目標( SDGs)を支援しています。

  • HOME »
  • ぐんまマラソンは持続可能な開発目標( SDGs)を支援しています。

ぐんまマラソンでは、運営に多くの人々や企業、団体の協力をいただきながら、SDGsを意識した取組を進めています。

この取組を発信し、さらに多くの方々に知っていただくことで、「持続可能で多様性と包摂性のある」社会の実現に向け、県内でのSDGsの普及に取り組んでいきます。

3.すべての人に健康と福祉を

健康寿命の延伸に向け「運動のきっかけ」を提供しています。

大会出場に向けて、運動を始め継続するきっかけを提供しています。
また、初めてフルマラソンの完走に挑戦する人たちを練習から支援し、その様子を発信する「ぐんまマラソン180日プロジェクト」を実施しています。

7.エネルギーをみんなに。そしてクリーンに

環境に優しい乗り物のPRに取り組んでいきます。

フルマラソンコースでは約1kmおきにAED隊を配置し、もしもの時には自転車で駆けつけます。第30回大会から、これに電動自転車を導入します。

8.働きがいも 経済成長も

多くの方々がボランティアとして活動しています。

メイン会場(正田醤油スタジアム群馬)での手荷物預かりや、沿道の給水所運営をはじめ、多くの方々に、大会運営をお手伝いいただいています。

10.人や国の不平等をなくそう

すべての種目で伴走者と一緒に参加いただけます。

障害があり単独走行が困難な方は伴走者をつけることができます。また、リバーサイドジョギングには、車いす、ベビーカーでの参加が可能です。

12.つくる責任 つかう責任

プラスチックごみの削減に取り組んでいます。

参加したすべてのランナーに提供する「おっきりこみ」には、リユース食器を使用しています。

17.パートナーシップで目標を達成しよう

「走る人・支える人・応援する人」誰もが楽しめる大会へ。

大会コンセプトである誰もが楽しめる大会の実現に向け、個人の方や自治会、企業や団体、学校など、多くの皆さんの協力で大会を運営しています。

JAPAN SDGs Action Platform 外務省(外部リンク)

コンテンツ

  • 募集要項ダウンロード
  • ボランティア募集要項ダウンロード
  • 第31回ホームページ
  • 第30回ホームページ
  • 第29回ホームページ
  • 第28回ホームページ
  • 第27回ホームページ
  • 第26回ホームページ

主催

  • 群馬県
  • 前橋市
  • 高崎市
  • 上毛新聞社
  • (一財)群馬陸上競技協会

特別協賛

  • 株式会社群馬銀行

協賛

  • オリヒロ株式会社
  • 群馬ヤクルト販売株式会社
  • 医療法人社団美心会黒沢病院
  • 群馬トヨタ自動車株式会社
  • 生活協同組合コープぐんま
  • 大和証券株式会社高崎支店
  • 保育士の求人・転職情報なら保育情報どっとこむ
  • イオンモール高崎
  • NTT東日本群馬支店
  • >株式会社キーテクノロジー
  • 株式会社クスリのマルエ
  • 公益社団法人群馬県医師会
  • 公益財団法人群馬県健康づくり財団
  • 群馬ダイハツ自動車株式会社
  • 群馬トヨペット株式会社
  • 群馬日産自動車株式会社
  • 群馬パース大学
  • 群馬日野自動車株式会社
  • コーエィ株式会社
  • こくみん共済coop全労済群馬県本部
  • サンヨー食品株式会社
  • しののめ信用金庫
  • 株式会社シムックス
  • 株式会社昭和食品
  • 大和ハウス工業㈱群馬支社
  • 株式会社高崎松風園
  • 高崎信用金庫
  • 中央労働金庫群馬県本部
  • 株式会社東和銀行
  • 株式会社とりせん
  • 株式会社登利平
  • 株式会社ノブプランニング
  • 株式会社ファイブイズホーム
  • 株式会社藤井経営
  • 富士スバル株式会社
  • 株式会社フレッセイ
  • Honda Cars 群馬
  • メモリード
  • (株)ヤマダホールディングス
  • ヤマト住建株式会社

MCC マラソンチャレンジカップ

PAGETOP
MENU